心理カウンセラーになるには?

社会的なストレスの多い現代では、心理カウンセラーの需要も年々高まっています。心理カウンセラーとして活躍することのできる場は多岐な渡っていますが、心理カウンセラーになるには、どうすれば良いのでしょうか。

心理学を学ぶことができるスクールに通う

心理カウンセラーは、人の心と向き合いながら仕事をするものであるため、人間の心理について学ぶ必要があります。人間の心理に関することを詳しく学ぶための方法のひとつに、心理学や心理分析をしっかりと学ぶことにできるスクールに通うという方法があります。スクールには、大学や専門学校などがありますが、プロの講師から、直接、心理について詳しく学ぶことができる上に、講師の中には、現役で心理カウンセラーとして活躍している方がいる場合もあるので、現場についての知識など、講義を通して吸収することもできます。さらに、同じ目的を持った仲間と数多く出会うことのできる場に通うことによって、人脈などの広がりなども期待することができます。必要な事柄を学んだ後は、カウンセラーとしての資格試験を受けることができます。

心理カウンセラーの通信講座に通う

現代は、心理カウンセラーを目指したいと思う方が少なくありません。中には、ご自身の体験を通してより深く人の心と向き合うことを目指しておられる方もいらっしゃいます。心理カウンセラーを目指したい方の中には、社会人として、お仕事をしながら心理学などを学ぶことに対して、悩みを抱えておられる方もいます。仕事をしながら心理カウンセラーとして学ぶには、どうしても時間的な制限がある場合があります。現代は、心理カウンセラーとして学ぶための通信講座があります。心理学や心理分析などの基本的な事柄を学ぶことができるのはもちろんのこと、心理カウンセラーとしての資格を取得することも可能です。自宅で好きな時に学べる通信講座なら、仕事をしながら、無理をすることなく、しっかりと心理カウンセラーとして必要な事柄を学ぶことができます。

心理カウンセラーの資格通信講座のメリット

仕事を続けながら、心理カウンセラーを目指す方を大きくサポートするものが、心理カウンセラーの資格通信講座です。通信講座を通して心理カウンセラーを目指すことには、様々なメリットがありますが、それは、どのようなものなのでしょうか。

マイペースに必要な事柄を学ぶことができる

心理カウンセラーを目指す方の中には、学生の方や社会人の方など、様々な方がいらっしゃいます。学生の方であれば、進学の際に心理学を学ぶことができる大学や専門学校を選択するという方法もありますが、社会人の方である場合、現在の仕事を辞めて、いちから大学などで学びなおすというのは、勇気が必要となる場合もあります。そんな時、心理カウンセラーの資格通信講座なら、仕事を続けながら、心理カウンセラーに必要な事柄をマイペースに学ぶことが可能です。スクールに通う必要がないので、自宅で空いた時間に必要な事柄を学ぶことができるので、効率良く学ぶことができます。

費用が掛からない

心理学を学ぶために大学や専門学校に通うとなると、かなりの費用が掛かる場合があります。特に、社会人として独立して働いている方である場合、そのような費用を捻出するのが大変な場合があります。しかし、心理カウンセラーの資格通信講座なら、大学や専門学校と比較すると、費用も掛からず、心理カウンセラーに必要な事柄を学ぶことができます。

自宅で学びながら資格を取得できる

心理カウンセラーとひとことで言っても、様々な種類がありますが、心理カウンセラーの資格通信講座なら、数ある心理カウンセラーのジャンルの中から、より自分が目指すものを絞って効果的に学ぶことができます。それだけではなく、必要な知識を学んだ後は、心理カウンセラーとしての資格を取得することができるので、就職や様々な場所で活動をする際に、有利になります。必要な事柄を学ぶだけでも、心理カウンセラーとして活動を行うことはできますが、資格取得は、信頼度の目安となる場合もあるため、資格取得をひとつの目標とするのも良いかもしれません。

心理カウンセラーの資格の種類まとめ

心理カウンセラーとして働く際に、必ず資格が必要というわけではありませんが、心理カウンセラーとして、就職をお考えの方や、独立してお仕事をする場合に、資格がある方が良いことは言うまでもありません。心理カウンセラーの資格には、どのようなものがあるのでしょうか。

メンタルケア心理士

めまぐるしく様々な物事が変化していく現代の中で、ストレスを抱えている方が多くいらっしゃいます。通常のストレスが一定の状態を超えてしまった際に、ストレスが原因となる様々な病気が生じることもあります。現代病と言われるものの中には、うつ病・不眠症・パニック障害など、心理的なものが原因となる様々な症状が多くあります。そのような症状そのものや、心理的な悩みを改善するサポートをするために必要となる資格が、メンタル心理士の資格です。

臨床心理士

臨床心理士は、心理カウンセラーの仕事の中でも、最も広く知られているものです。社会的に認知度が高い仕事であるため、様々な場で活躍をすることができる仕事です。しかし、資格取得の際に、難易度が高いという特徴を持っています。難関を突破して資格を取得した場合、行政機関や医療機関などの現場で活躍することも可能です。

行動療法士

人間の行動というものは、本人が意識している、していないに関わらず、習慣的なものとして、無意識に行われていることもあります。その行動が本人が社会生活を営む上での障害となっている場合、行動そのものが、その方の悩みとなる場合があります。このような悩みの解決に当たる仕事をするために必要となる資格が、行動療法士という資格です。行動療法士は、悩みを抱えておられる方の考え方の癖や価値観などのゆがみを改善することにより、その方をサポートをする仕事です。

音楽療法士

音というものは、人間の心理に直接働きかける力を持っているもののひとつです。通常、心理カウンセラーは、悩みを抱えている方とのコミュニケーションを通しながら、習得した技術をもとに、悩みの改善を目指していくことが多いものですが、音楽療法士は、音楽を通してコミュニケーションを取りながら、悩みの改善を目指します。このように音楽を通したカウンセリングを行う仕事をするために必要となる資格が、音楽療法士という資格です。

産業カウンセラー

産業カウンセラーとは、耳慣れないものかもしれませんが、仕事を通してストレスを抱えている方の心理的な悩みを改善に導くためにカウンセリングを行う仕事です。産業カウンセラーとして仕事をするために必要となる資格が、産業カウンセラーという資格ですが、初級・中級・上級と段階があります。

ページトップへ